手続き

相続には時効がある?

遺産相続には、時効というものがあるのでしょうか?
遺産が残っていても、何の手続きもせずそのままにしてしまった場合、
時効があったら財産はなくなってしまうものなのでしょうか。

相続の時効とはあまり耳にしない言葉でもあるので、
内容をそれほど詳しく知っているという方も多くはないと思います。
そんな方のためにも、相続の時効について説明していきたいと思います。

相続の手続きは、いつまでにこの手続きをしなくてはいけないといった決まりや、期限というものはありません。
なので、手続きを早くしなければならないといったことは特にありません。
しかし、特別な方法で相続手続きをする場合に関しては、時効が起こるものもあるんです。
このようなケースとなります。

相続回復請求権という相続権がない人物が相続を受け取ってしまい、
本来の相続人が遺産を受け取ることができなかったという時に、
遺産を戻して欲しいという事ができる権利のことを言います。

これに関しては時効があり、トラブルが発生していると分かった時点から5年間、
相続の開始があってからは20年間というように時効が決まっています。

相続税放棄をする場合、プラス遺産とは別にマイナス遺産というものも発生する可能性があり、
どちらも受け取らないという方が相続放棄を行います。
この手続きをするには、相続開始から3ヶ月以内となっています。
ということは、相続放棄をするかしないかの判断をするには、3ヶ月間という時効があると考えていいですね。
もしも、その期限が過ぎてしまったら、後から相続放棄を依頼することはできませんので注意して下さい。

説明した以外にも、期間が決まっている手続きは多数あります。
時効とまではいかないかもしれませんが、その期限を過ぎてしまっては後戻りすることはできず、
個人的に色々な思いをしてしまう方も多くなってしまうと思います。
前もってしっかり確認をしておいてから、手続きなど行ってみて下さい。