手続き

相続の順位と相続権

亡くなってしまった人(被相続人)が残した遺産を受け取る人のことを「相続人」といいます。
相続人といっても、なれる範囲というものがあり相続順位というものも法律的に決められています。
そのことを法定相続人ともいいます。
では、遺産相続をする時の、相続順位について紹介したいと思います。

はじめに、配偶者(夫・妻)になる人は、必ず相続人となります。
相続順位というものは全く関係ありません。
配偶者以外の相続人優先順位はこのようになります。

まず、相続順位の優先1位となるのは、被相続人の直系卑属となる人物です。
被相続人の子供や養子、内縁関係の子供、孫、ひ孫というようになっています。
優先1位となっている人物の中でも、子供(養子・内縁関係の子供)が亡くなっていたとします。
そうなると、次の権利は孫になり、その孫も亡くなっている場合にはひ孫へと権利が変わります。

優先2位となるのは、被相続人の直系尊属です。
被相続人に子供や孫、ひ孫が誰もいないという場合には、父母や祖父母が遺産を相続することになります。
ここでも順位としては、父母がすでに亡くなっていたら、祖父母が権利を持つことになります。

最後に優先3位となるのは、兄弟姉妹そしてその子供(甥姪)の関わりをもつ人たちです。
優先1位に当たる人物も、2位となる人物もいなかった場合、
最終的権利を持てるのは被相続人の兄弟姉妹とその子供というようになります。
兄弟姉妹がすでに亡くなっている時は、その子供(甥姪)が受け継ぐことになり、
ここまでが相続人として認められている人物となります。

これまで紹介した優先順位は、
その順位に該当する人がその場にいれば、次の順位の人への権利はなくなります。

ここでひとつ権利の問題で知っておきたいことが、
法律上に婚姻の提出をしていない内縁関係の人には相続の権利はありません。
内縁関係の人との間にいる子供には、優先1位として相続権があるのですが、
少し複雑な関係となっているので、前もって確認しておくと良いと思います。