手続き

借金の相続はどうする?

相続後に一番トラブルになりやすいと言われているのが、被相続人が残した「借金」の問題なんですね。
相続人同士の激しいバトルになること間違いありません…。

借金はマイナス遺産として考えられますが、
これも相続として認められているものなので、相続人としては支払う義務があるんです。
プラス遺産のみ受け取って、マイナス遺産となる借金は払いたくないと言っても無理なんです。

しかし、ここで唯一言えることとすれば、
家庭裁判所を通して相続放棄という方法の手続きをすれば、借金の相続を放棄することは可能です。
相続放棄をすることで言えることは、もちろん借金となるマイナス遺産を放棄することはできますが、
同時にプラスとなる遺産も放棄するという状態になるということを忘れないでいて下さい。

それでも、相続放棄をするんだという方は、問題なく借金を支払うことはありません。
なので、あらかじめ財産と借金がそれぞれどれくらい残っているのか調べておくといいと思います。
細かい所までの財産や借金を調べるのは難しいことかもしれませんが、
借金と財産を比較してみてどちらが多いのか知っておくとで、もし借金の方が多いことが分かれば、
相続破棄をするとことも可能になりますからね。

ですが、払いたくないから相続放棄しようと、簡単は考えない方が良いと思います。
一度相続放棄をしてしまうと、撤回するということはできません。
なので、後からプラス遺産となる預金や土地が見つかったとしても、受け取るということは
できなくなってしまうので、相続放棄に関してはしっかりと内容を理解してから、検討してみて下さい。

また、放棄することで初めからあなたは被相続人の相続人ではないと見られます。
家族でも身内でもないというような扱いをされることになります。
ちょっと考えてしまいますよね。

それでいいのか、それでもいいのか。
自分の気持ちをしっかり見直して、落ち着いた状態で判断してみて下さい。